沿革

昭和60年10月
学校法人河原学園が認可される
昭和61年 4月
愛媛電子ビジネス専門学校開校、工業専門課程(情報処理本科、情報処理科)商業専門課程(経理本科、実務経理科、ビジネス秘書科、OA秘書科)の2専門課程6学科を設置
昭和63年 3月
通産省情報化人材育成連携校に指定される
平成 2年 4月
国際電子ビジネス専門学校(新居浜市)開校、工業専門課程情報処理本科、情報工学科、商業実務専門課程情報処理科、ビジネス秘書科(いずれも2年制)の2専門課程4学科を設置
平成 7年 4月
愛媛医療福祉専門学校開校、教育・社会福祉専門課程介護福祉科を設置
国際電子ビジネス専門学校を大原簿記公務員専門学校 新居浜校と改称
平成 8年 4月
大原簿記専門学校松山校開校、商業実務専門課程税理士科(3年制)、総合ビジネス科(2年制)を設置
平成11年 4月
大原簿記専門学校松山校を愛媛大原簿記公務員専門学校と改称、商業実務専門課程公務員ビジネス科(2年制)、公務員専攻科(1年制)を設置
大原簿記専門学校新居浜校を国際テクニカルビジネスカレッジと改称
国際情報高等学院開校、高等課程(情報システム科、情報ビジネス)の2学科を設置
平成11年10月
中国大連市に大連河原日本語学校開校
平成12年 4月
愛媛医療福祉専門学校、教育・社会福祉専門課程ヘルスビューティ科をトータルビューティ科と改称
平成12年10月
愛媛電子ビジネス専門学校に文化・教養課程日本語学科(進学1年コース、進学1.5年コース)を新設
平成13年 4月
国際デザイン・アート専門学校開校、文化・教養専門課程コンピュータグラフィックス科(3年制)、グラフィックデザイン科(2年制)、漫画・アニメーション科(2年制)、ファッション・クラフトデザイン科(2年制)を設置
平成16年 4月
アイペットワールド専門学校開校、動物看護師学科(2年制)、動物健康管理学科(2年制)を設置
愛媛電子ビジネス専門学校に文化・教養課程日本語学科(進学2年コース)を新設
平成19年 4月
愛媛医療専門大学校開校、理学療法学科(4年制)、作業療法学科(4年制)、看護学科(4年制)を設置
愛媛医療福祉専門学校に児童福祉科(3年制)を設置
国際トータルビューティカレッジ開校、美容学科(2年制)、理容学科(2年制)、トータルビューティ学科(2年制)を設置
未来高等学校開校、平日コース(3年制)、通信制基本コース(3年制)、集中スクーリングコース(3年制)を設置
平成20年 4月
国際パティシエ・ブランジェ専門学校開校、パティシエ・ブランジェ本科(2年制)、パティシエ・ブランジェ科(1年制)を設置
愛媛医療福祉専門学校に柔道整復師科(3年制)を設置
未来高等学校新居浜分校開校
平成21年 4月
愛媛医療福祉専門学校に鍼灸師科(3年制)を設置
平成22年4月
愛媛医療専門大学校に歯科衛生学科(3年制)、歯科技工学科(2年制)を設置
平成23年 4月
河原学園グループ専門学校9校校名変更
平成24年 4月
河原パティシエ・医療・観光専門学校にエアライン・観光科(2年制)、ブライダル・ホテル科(2年制)、医療秘書科(2年制)を設置
河原パティシエ・医療・観光専門学校校舎を6階建てへ増築
ブライダルホール、ホワイトチャペル、K-スタジオ(第2製菓実習室)トラベルビューロー、メディカル・カウンターを完備
平成25年 4月
河原医療大学校に医療クラーク学科(2年制)を設置
河原高等専修学校開校、調理師養成学科(3年制)を設置
平成26年 1月
学校法人河原学園と学校法人岡崎学園の法人合併が認可される
平成26年 4月
人間環境大学・大学院と岡崎学園高等学校を設置校とする
河原学園 専門学校9校が職業実践専門課程として認定される
平成27年 4月
人間環境大学に看護学部看護学科および大学院看護学研究科(博士前期課程、博士後期課程)を設置(大府キャンパス開設)
平成29年 4月
人間環境大学に松山看護学部 看護学科を愛媛県松山市に開設
人間環境大学 環境学部改組 心理学科・環境科学科を設置
河原電子ビジネス専門学校に 国際観光ビジネス学科(2年制)、日本語キャリア専攻科(1年制)を設置
河原パティシエ・医療・観光専門学校に 声優タレント科(2年制)、グローバルビジネス科(2年制)を設置